シックスパッド 低周波治療器

シックスパッドと低周波治療器の違いは?

シックスパッドと低周波治療器の違いは?

 

シックスパッドと低周波治療器にはそれぞれ違いがあり、目的に応じて選ぶことで、効果的に使用することができます。

 

シックスパッドはおなかや太もも腕などに貼ることで、効率的に鍛えることができ、ランニングマシーンや鉄アレイなどによるトレーニングと違い、家にいながらおなかや太もも、腕などを引き締める効果が期待できます。

 

シックスパッドはトレーニング用

シックスパッドを貼り付けてトレーニングを行う際には、トレーニングに適した低周波を貼り付けた箇所に流すことで、腹筋などに働きかけ、1日1回数十分と短い時間で行えるので、継続して理想のボディラインを作り上げることも可能です。

 

貼り付けるだけでおなかや太もも、腕などを引き締めることができる理由として、低周波シグナルを断続的に流して、貼り付けた箇所の筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことで、トレーニングができるのですが、低周波特有の痛みを感じないように独自の波形が使われているので、低周波特有の痛みを感じることなくトレーニングすることが可能です。

 

シックスパッドはおなかや太もも、腕などに貼り付けることで、効率よく筋肉を鍛えることができますが、すぐに劇的に効果が表れることはなく、数週間毎日継続して使用し続ける期間が長いほどより効果が期待できます。

 

シックスパッドの注意

ただ、シックスパッドで使用目安とされている時間を越えたトレーニングをすると、筋肉疲労を起こしてしまう可能性があるので、使用目安には注意する必要があります。

 

低周波治療器は、弱い電気を体に流すことで、筋肉を刺激して、こりによる痛みを和らげることができます。

 

低周波治療器には、こりによる痛みを和らげる効果が期待できますが、筋肉痛などにも効果があるので、普段運動しないのに引越しなどで、重い荷物を運んだことにより、筋肉痛になってしまった時などに効果が期待できます。

 

低周波治療器は、筋肉痛やこりによる痛みはなかなか取れないこともあり、整形外科などにも行く時間がない時でも家で手軽にできる利点があります。